臨床検査科

概要

臨床検査科では、病気の診断や治療の指針となる様々な検査データを提供することを業務としています。臨床検査には多数の種類がありますが、主治医がそれぞれの患者さんに必要と思われる検査を問診・触診・診察の結果から的確に判断し、検査を依頼します。検査結果はその他の検査結果(レントゲンや内視鏡検査など)と総合的に判断し、治療方針の決定に利用したり、治療経過の状態を把握するのにも重要な役割を果たしています。

また、当院検査科では、土日、祝日、夜間の検査を提供可能にするために、24時間365日オンコール体制で緊急検査にあたっています。

臨床検査技師は患者さんと接する機会が少ない業務ですが、最新の検査技術を学び、地域の方々により良い医療を提供できるようにスタッフ一同努力していきたいと思います。

業務内容

臨床検査は『検体検査』と『生理機能検査』の二つに大別されます。


検体検査
<一般検査>
一般検査
腎臓の状態を検査する尿検査をはじめ、髄液や穿刺液(胸水や腹水)、関節液の検査を行っています。また、鼻腔、咽頭、便などからウイルス感染症の迅速検査などを行っています。
<生化学検査>
生化学検査
血清中に含まれる肝機能・腎機能・脂質・電解質などの項目を検査し、病気の診断や治療に役立てています。また、小学生~中高年の生活習慣病の検診なども行っています。
<免疫検査>
甲状腺機能検査、肝炎ウイルス検査、腫瘍マーカー検査などを行っています。
<血液検査>
血液検査
貧血などを調べる血球算定検査をはじめ、凝固・線溶検査や顕微鏡による血液像や骨髄液検査も行っています。また、中学生の貧血の検診なども行っています。
<輸血検査>
輸血の際に患者さんと血液製剤が適合しているかを検査し、安全に輸血ができるようにしています。また、血液製剤の発注・保管・出庫の管理もしています。
<細菌検査>
細菌検査
感染症にかかっている患者さんの喀痰・尿・便・血液などの原因となる微生物(病原菌)を、顕微鏡で見たり培養をして検査しています。また、その菌に対して有効な薬剤(抗生物質)を探し出す検査や、血清による補助検査も行っています。地域や院内感染対策にも積極的に参加しています。
<病理検査>
病理検査
手術や内視鏡など、いろいろな方法で採取した体の組織や細胞を顕微鏡で形態学的に調べ、病気の診断や治療に役立てています。
当院では、細胞検査士の資格を持つ検査技師1名が標本の作成や細胞診のスクリーニングを行っています。また、週に1度岩手医大から病理医が来院して診断を行っています。
生理機能検査
生理機能検査
患者さんと直接接して、生体機能の情報を得るために行う検査です。当院では、心電図、ホルター心電図、肺活量、超音波(心臓・頸部・腹部)、血圧脈波、神経伝導検査、脳波、聴力検査などを行っています。

スタッフ数

臨床検査科長 医師
1名
臨床検査技師
9名

資格取得実績

  • 細胞検査士 1名
  • 超音波検査士 3名
  • 認定心電技師 2名
  • 2級臨床検査士 2名
  • 糖尿病療養指導士 1名
  • BLSヘルスケアプロバイダー 2名

H28.11現在

精度管理

質の高い検査データを迅速に提供するために、毎日の内部精度管理の実施はもちろん、全国レベルで実施されている日本医師会、日本臨床検査技師会などの外部精度管理にも積極的に参加し、正確な検査データの提供に努めています。

当院での勤務を希望される同職種の方へのメッセージ

私たち、総合水沢病院の臨床検査技師は、地域の急性期医療を担う病院としての役割を認識し、信頼される医療人となれるよう日々努力をしています。