院長あいさつ

院長 菊池 淳

院長 半井 潔

当院は自治体病院ですから地域住民の健康的生活を支えることが主なる存在理由です。しかし、昨今は当院のような地方の小自治体病院は経営的に厳しい状況に追いやられるばかりで、その存在意義がややもすると忘れられかねないような状態にあります。少子高齢化で地方の人口が減り、そこで働く医師の減少もあり、地方のすみずみまで一定の医療が展開されるのは難しい時代です。しかし、我々はそのような中で地方にあってもいわゆる標準的な医療を地域住民に提供しようと努めています。そしてそれを実現するために当院は新病院建設の方向性を確かなものにすることによって意欲にあふれた医療人の参集を促し、いきいきとした医療を展開していこうと考えています。その際に、我々はあくまで市民目線からかけはなれることがないような形で日々発展していかなければならないのはいうまでもありません。現在まだまだ厳しい状況の中にありますが、周辺医療施設と連携しながら地域のみなさんに頼りになると思われる医療を実践する所存ですのでご理解ご支援の程よろしくお願い申し上げます。