整形外科

整形外科外来診療担当医表

平成31年4月1日~

 
午前酒勾酒勾中村酒勾酒勾
中村藤澤藤澤中村藤澤

10時まで高橋

10時から東北大 菅野
高橋高橋高橋中村
午後手術

※リウマチ外来 佐藤信幸先生

(完全予約制 第1、第3、第4水曜 午後)

※月曜 東北大学医師 菅野晴夫先生

※肩専門外来 東北大学医師(完全予約制 月2~4回(不定期)一般整形外科外来から紹介)

医師紹介

酒勾 章(さかわ しょう)

役職
副院長 兼 医療技術部放射線科長 兼 医療技術部リハビリテーション技術科長 兼 医療技術部栄養科長
主な資格等
日本整形外科学会 専門医

中村 聡(なかむら さとし)

役職
診療部長兼整形外科長
主な資格等
日本整形外科学会 専門医、脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医

藤澤 博一(ふじさわ ひろかず)

役職
整形外科医長
主な資格等
日本整形外科学会 専門医

髙橋 秀介(たかはし しゅうすけ)

役職
整形外科医師

概要

整形外科は、骨、関節、靭帯、腱、神経、筋肉など人が快適な生活を送るのに必要な"運動器"を扱う分野です。部位的には、脊椎、脊髄、末梢神経、四肢の関節などを、疾患としては、外傷性、変性性、腫瘍性、感染性、代謝性、先天性疾患などを扱い、特に高齢化社会のなか老化に関連した脊椎や関節の変性疾患の増加がみられます。年齢別には、新生児から超高齢者まで、男女共とほぼ全ての人が対象です。症状としては、腰痛、手足のしびれや痛み、関節痛、肩こりを訴える患者さんが多く来られます。

取り扱っている主な疾患

四肢・躯幹の外傷、脊椎脊髄疾患(腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、頚髄症、頚部神経根症など)、四肢関節の変性疾患(変形性関節症)、骨・軟部腫瘍、小児整形外科疾患、スポーツ外傷など運動器のすべての疾患を対象としています。

関節リウマチ、肩関節疾患に関しては専門外来で診療しています。

特色

常勤医師3名と、東北大学からの週1回の非常勤医師で、平日午前外来、午後手術を行っています。午後は手術のため、午前だけの外来で診察できる患者数に限りがあります。現在予約制となっていますが、他院で投薬、理学療法などを受けても改善せず、入院手術を要する患者を優先的に診察出来るようにする為です。ご迷惑をおかけしますがご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

東北大学医師による肩関節専門外来が平成28年2月から開設され、月3~4回(不定期)診療しています。岩手県南で肩を専門的に診る病院はほとんどないので、肩の痛みでお困りの患者さんは一度当科を受診してみてください。

手術は整形外科として一般的な骨折や脱臼などの外傷のほか、人工関節置換術、脊椎手術が多いのが特徴です。特に人工膝関節片置換術、両膝同時置換術、脊椎内視鏡手術(腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、頸部神経根症などに対して)は東北でトップクラスの件数です。

手術実績(年度別)

 H24H25H26H27H28
人工関節置換術94131787478
うち両膝同時手術101010
関節鏡視下手術5432302325
脊椎手術191228210170122
うち内視鏡下手術12310284
一般外傷(骨折、脱臼など)13090141142140
その他1191561149786
合計588637573506451

スタッフ数

常勤医師
4名
非常勤医師
3名(東北大学病院から週1回と月3~4回、前沢から月3回)

当院での勤務を希望される同職種の方へのメッセージ

整形外科医師の少ない地域で、毎日多くの患者が訪れます。連日外来、手術で忙しいですが、雑務がなく、純粋に診療行為に集中して取り組める病院です。勤務医としてやりがいのある環境です。