小児科

小児科外来診療担当医表(担当医:七尾)

2022年4月~6月

 
午前8:30~
一般外来
午後13:30~16:30
コロナワクチン
奥州市
乳幼児健診


15:30~16:30
一般外来
14:00~16:30
乳児検診
予防接種
(予約)
※14:00~15:30
乳児検診
予防接種
(予約)

15:30~16:30
(一般外来)
13:30~16:30
コロナワクチン

午前の診療開始時間は8時30分です。

一般外来については、初診時の予約システムはできておりませんので、直接お越しください。

乳幼児検診・予防接種と専門外来は予約制としています。予約は小児科外来で直接に、あるいは平日9時頃〜17時頃の間にお電話でお願いいたします。

0197-25-3833(病院代表)で「小児科予約の電話です」と伝えてください。

小児科担当看護師が対応しますので、状況によっては折り返しとなる場合もございます。ご了承ください。

*発熱等でコロナ感染が気になる場合や、急な発熱等で受診希望される場合は気軽に電話で相談ください。

*コロナワクチン対応期間中、「専門外来・成育外来」は一般外来枠での診療となっています。

医師紹介

七尾 謙治(ななお けんじ)

七尾謙治(ななお けんじ)
役職
副院長 兼 小児科長 兼 臨床検査科長
主な資格等
医学博士
日本小児科学会専門医・認定小児科指導医
日本内分泌学会内分泌代謝科(小児科)専門医
日本医師会認定健康スポーツ医
日本医師会認定産業医
秋田県出身・S63秋田大卒(所属医局・慶應義塾大学)

概要

  • 外来診療では小児の総合診療科として、できるだけ幅広い対応を心がけています。高次医療や専門医療が必要な場合は、症状や病気に合わせて岩手医大や宮城県立こども病院などにご紹介しています。
  • 食物アレルギーに関しては、外来で午前中に「食物経口負荷試験」を行っています。
    基本的には重篤な誘発症状のリスクが低いお子さんが対象です。
  • 入院診療に関しては、現状の小児科医一人体制で責任をもって診療できる範囲で行っています。レスパイト入院にも対応していますのでご相談ください。
  • コロナウイルス感染については、疑われる・心配があるお子さんの診療を積極的に行っています。状況を確認し院内でPCR検査・抗原検査を実施しています。小児のコロナ陽性者の入院を積極的に受け入れています。

専門外来

夜尿・肥満(生活習慣病)・高コレステロール血症・低身長・成長障害・思春期発来異常・甲状腺疾患・外性器異常・糖尿病・低血糖症などが主な対象疾患です。

主な症状としては、おねしょを卒業できない、学校検診(生活習慣病)で指摘を受けた、肥満が心配、コレステロールが高い(家族に高い人がいる)、身長が低い・伸びが悪い、体重の増えが悪い、思春期兆候が早い(乳房腫大・恥毛など)・思春期が遅い、甲状腺(前頸部)が腫れている、ペニスが小さい、糖尿がある(糖尿家系であり心配)、低血糖を繰り返す、などです。

成育外来

発達や成長を定期的に見守っていくお子さんや、喘息や腎疾患(検尿異常・水腎症)などで定期的に診察するお子さんが主な対象です。

乳幼児検診・予防接種外来

BCGの個別接種を含めて対応しています。乳幼児健診は奥州市の健診事業である生後1ヶ月・6ヶ月・9ヶ月・1歳児が主な対象となります。乳幼児健診で気になることがあった場合には、ご了解を得て外来で経過をみていきます。

毎年のインフルエンザワクチンの接種は10月下旬から実施としています。生後6ヶ月以上のお子さんが対象です。

子宮頸がん予防ワクチン(ガーダシル)の接種を行なっています。予防接種枠に限らず平日診療時間内で接種しますので、お電話で予約をお願いいたします。

更新日 2022年4月