放射線科

概要

放射線科の理念

  • 患者さんとのコミュニケーションを大切にし、安心・安全な検査を提供するとともに、診断に最適な質の高い画像の提供に努めます。
  • 放射線画像検査における、医療被ばく線量の低減に努めます。

当科はX線を用いたX線装置での単純撮影、X線透視装置による検査・治療、放射性医薬品を体内に投与してγ線を用いたRI検査(核医学検査)、X線を使用せず磁場の力で検査を行うMRI検査などを行う部門です。

ここで行われた検査は問診や採血の結果などと共に患者さんの体の状態を総合的に判断するための画像となります。現在ではすべての画像をデジタル化して院内のネットワークで運用しており、検査画像が院内のどこにいても見られ、円滑な診断と治療が行えるようになっています。

特色

当科では画像の処理を行うワークステーションでCT、MRI、RIの検査画像から3D画像の作成や、異なる二つの画像を重ね合わせるフュージョン画像などの作成を行っています。手術前・中の手術支援や、体内の形態と機能を同時に診断でき、より質の高い検査や治療が行えるようにしています。

医療画像は日々進歩しており医療機器や撮影の仕方も様々な知識と技術が求められるようなってきましたが、我々は学会、研究会に参加しスキルアップするように努めております。また少ない被曝で高画質な画像が得られるように努力しております。

我々スタッフは患者さんが安心して検査が行えるように心がけておりますので、検査についてご不明な点やご質問があればお気軽にお声がけください。

主要設備・機器

  • CT(64列) 1台
  • MRI(1.5T) 1台
  • マンモグラフィー装置 1台
  • 骨塩定量装置 1台
  • 核医学検査装置 1台
  • X線撮影装置 3台
  • 移動用撮影装置 2台
  • 透視装置 3台
  • 血管用透視装置 2台
  • 手術用透視装置 1台

一般撮影

一般撮影

X線を使用した撮影です。体内や骨の概観や形状を見るのに適しています。撮影する部位によって服を脱いだり検査用ガウンに着替えたりアクセサリー等を外してもらいます。

乳房撮影

乳房撮影

X線を使用した撮影で、乳房を専用の機械で圧迫し撮影します。圧迫をして撮影することで乳房の組織が広がり内部組織が重ならずに綺麗に撮影することができ、乳房の厚みをできる限り薄くすることでX線の被ばく量を減らすことができます。

検査中は上半身の服を脱いで検査用ガウンを羽織ってもらいます。

個人差は大きいですが圧迫は痛みを伴うことが多いため、乳房の張りが少ないといわれている整理後1週間前後の検査をお勧めします。

乳房撮影を受けられる方へ(PDFダウンロード)

骨塩定量

骨塩定量

X線を使用した検査で骨密度の測定(骨粗鬆症の検査)を行います。仰向けになって寝てもらい、腰の骨と大腿骨を使用して検査をします。検査時間は着替えも合わせて約10分です。ここでも腰と大腿骨付近の金具のついた下着、生地の厚い服の場合は検査用ガウンに着替えたりアクセサリー等を外してもらいます。

透視検査

透視検査

X線を使用した検査で透視化された体内を観察しながら治療や検査を行います。体内や血管にカテーテルといわれる管や造影剤を入れて血流や臓器の形状を見たり、胃カメラを併用して治療を行います。

検診での胃バリウム検査もここで行い、10~15分かかります。

CT

CT

人体に360度方向からX線をあてて体内の情報を得る検査です。

得られた画像は主に横断面(輪切り)で表示します。画像1枚の厚さは0.5~1.0mmで、コンピュータ処理によって、お腹側からみた画や横からみた画など、任意の角度で表示することができます。

検査の内容によって検査時間が変わりますが、おおむね5~10分程度です。基本的には予約制ですが緊急の検査にも対応しています。造影剤を使用する検査では、安心、安全に検査を受けていただくため、事前に問診などを行いますのでご協力をお願いいたします。

MRI

MRI

他の機器と異なりX線は使用せず磁場の力を使用した検査で、体内を輪切りや縦切りした画が得られます。

非常に強力な磁場を使用するため体内に埋め込んだものを含む全ての金属の持ち込みを確認する必要があるので、必ず検査前に問診をいたしますが、なるべく薄化粧で金属の少なめの服装でお越しください。

MRI装置の構造上、検査中の騒音が有りトンネルが狭くて長いため圧迫感を感じてめまいや動悸などの閉所恐怖症の症状が出ることがありますので、狭い場所が苦手な方は予約時や検査前にスタッフに申し出てください。基本的には予約制ですが緊急の検査にも対応しています。検査時間は部位にもよりますが約30分くらいです。

核医学検査(RI)

核医学検査(RI)

放射性医薬品を体内に投与し、人体臓器の形態画像だけでなく機能と代謝を画像として提供する検査です。撮影した画像はそのままで診断したり、臓器との位置関係がわかりやすいようにCTやMRIと合成して診断します。目的によって薬の種類、撮影時間、撮影回数、撮影日数、食事制限が異なります。薬品の投与から検査する時間は様々ですので予約の際にご確認ください。

投与した薬品は放射線量は微量なので人体に影響を及ぼすものではありませんし、自然減衰、排尿や排泄により数日以内に体外へ排出されるのでご安心ください。

核医学検査の薬品は性質上、検査で使用する薬品は有効期限が短いため検査の予定に合わせては注しますので日時厳守でお願いします。

主な実績

CT部門
東芝 『画論99ザ・ベストイメージ』ヘリカルCT心血管領域部門 準優秀賞
東芝 『画論01ザ・ベストイメージ』ヘリカルCT部門 準優秀賞
東芝 『画論04ザ・ベストイメージ』シングルヘリカルCT部門 準優秀賞
東芝 『画論The Best Image 2015』64~160CT部門 最優秀賞
 
AZE 第4回AZE展 特別賞
AZE 第5回AZE展 入賞
MRI部門
東芝 『画論97ザ・ベストイメージ』0.5テスラMR部門 特別賞
東芝 『画論98ザ・ベストイメージ』0.5テスラMR部門 最優秀賞
東芝 『画論ミレニアム ザ・ベストイメージ』0.5テスラMR部門 最優秀賞
東芝 『画論04ザ・ベストイメージ』0.5/0.35テスラMR部門 準優秀賞
東芝 『画論05ザ・ベストイメージ』0.5/0.35テスラMR部門 準優秀賞
東芝 『The Best Image 2006』1/0.5/0.35テスラMR部門 準優秀賞
一般撮影部門
平成20年度岩手県地域医療研究会秋季大会 敢闘賞
平成26年度岩手県地域医療研究会秋季大会 技能賞
平成28年度岩手県地域医療研究会秋季大会 技能賞
岩手県放射線技師会部門
平成20年 松岡賞 小島 実
平成27年 松岡賞 高橋 伸光
平成28年 栁沢賞 高橋 伸光

スタッフ数

診療放射線技師
6名
放射線科 助手
2名